病院で治療を受けることで病気を治せる

先天性の病気

先天性な病気で、検査によって

脳に関する病気にかかる人は、昔から多く日本人の死亡原因の上位を占めている病気でもあります。脳動静脈奇形は、脳疾患に含まれる病気であり、先天性な病気であることがわかっています。母親のおなかにいる時に成長する過程で色々な身体の組織が作られます。そのときに動脈などの血管系が形成されます。その際に、脳血管の一部が毛細血管に分かれることが出来なくなってしまい、動脈と静脈が直接つながるという血管形成の異常がこの脳動静脈奇形です。この脳動静脈奇形は、脳血管の検査をすることでその後の脳出血という病気への進行を防ぐことが出来ます。検査には、CT検査やMRI検査、脳血管の造影検査があり、それらの検査によって脳動静脈奇形であるかどうかの診断が行われます。

患者さんが注意するべき病気は

脳動静脈奇形は、通常の脳内の血管とは異なり強い動脈の圧力が直接静脈に加わったり、弱い静脈へも加わるために血管の弱い部分が損傷して切れてしまい出血症状を起こします。その脳血管が出血した際に起こる病気が「くも膜下出血」や「脳内出血」となります。これらの脳血管障害による疾患は、時として命の危険も潜んでいる恐ろしい病気です。運よく一命を取り留めても、脳へのダメージは避けられませんので、後遺症が残ることも十分に考えられますので、注意が必要です。また、その他にも周囲の脳への影響として「けいれん発作」を起こすことも知られています。けいれん発作は、全身性あるいは部分的に身体を硬直させたり、がくがくと四肢を動かしたりして、一時的に意識を失ってしまいます。脳動静脈奇形は、服用による治療法はなく主に手術によって出血を抑える事が主な治療法となります。

喉のがん

喉にガンができると、声がかれたり、食べ物を飲み込むことが困難になったりと様々な異変が起きるため、比較的すぐに気づくでしょう。「咽頭がん」は50〜60代の男性に多く見られる病気です。

髄膜腫とは

髄膜腫とは、脳を包む髄膜に発生する腫瘍のことです。ほとんどが良性なので、発見した場合ははやめに摘出手術を受けましょう。薬ではあまり効果がないので、摘出手術を受けることをおすすめします。

PICK UP

胸の痛み

胸に痛みが発症し、いつまでたっても痛みが取れない場合、循環器科の病気が疑われます。現在では、血液を少し採血し、20分ほど調べるとあっという間に病気が発見できるなど、医療が進んでいるため、早期発見につながるでしょう。