病院で治療を受けることで病気を治せる

胸の痛み

胸の痛みがおこったら

胸の痛みがおこったら、まずアスピリンを飲む、あるいは噛んでしまう、そして早く心臓に行かして血栓を溶かしてしまう事が必要になります。同時にニトログリセリンを舌下して、血管を広げてあげる工夫が重要になります。そうすると痛みが取れます。もしこれでも痛みが取れなかった場合は、心筋梗塞の可能性が多くあります。 心筋梗塞などの痛みが、心臓でおこっている場合には、なるべく早く循環器科のある病院に行って、冠状動脈である心臓を養う血管を早く広げてもらう治療が必要になります。風船で広げたり、薬で広げたりする、様々な工夫で循環器科の病院は行います。そうする事によって血の流れが良くなり、胸の痛みは改善され、普通の生活に戻れる事になります。

循環器科の病院で行われる取り組み

循環器科の病院では、狭心症や心筋梗塞の治療が行われます。この狭心症と心筋梗塞の診断には、問診による診断で、その症状が20分続くか続かないで、狭心症と心筋梗塞がわかります。更に循環器科では心電図の変化や血液の変化でもわかります。 現在では血液を、一滴とる事によって20分後に診断が出来る検査方法があります。それが陽性であると、循環器科のある専門病院へ行く事になります。心筋梗塞は40歳をすぎると誰にでも起こる病気です。男性の場合のピークが60歳で女性の方ですと70歳になります。しかし年々その傾向が若返ってきていますので、40歳になったら循環器科のある専門の病院で定期健診を受けるなどの自己管理が大切です。